会社沿革

1949年〔昭和24年〕 杉浦安雄[創業者]が碧南市に杉安鉄工所を創立する。
グリースポンプの生産を開始する。
1958年〔昭和33年〕 杉安鉄工株式会社を設立する。
1958年〔昭和33年〕 自動車整備用リフトの生産を開始する。
1964年〔昭和39年〕 高浜市に本社工場を新築、移転する。
1971年〔昭和46年〕 物流機器事業に進出する。
1973年〔昭和48年〕 杉安工業株式会社を設立する。
1975年〔昭和50年〕 西尾工場完成。
1980年〔昭和55年〕 愛知県知事より中小企業受診優良工場に指名される。
1982年〔昭和57年〕 U.S.A現地法人SUGIYASU OF AMERICA INC.を販売会社として設立する。
1984年〔昭和59年〕 中小企業庁より中小企業合理化モデル工場に指定される。
1988年〔昭和63年〕 U.S.A現地法人BISHAMON INDUSTRIES CORP.(B.I.C)を生産工場として設立。
U.S.A現地法人SUGIYASU INTERNATIONAL CORP.(S.I.C)を管理会社として設立。
1989年〔平成 1 年〕 CI導入により杉安鉄工株式会社を商号変更し、株式会社スギヤスとする。住宅福祉機器事業に進出する。
1991年〔平成 3 年〕 環境機器事業に進出する。
1992年〔平成 4 年〕 福島工場完成。
1998年〔平成10年〕 刈谷税務署から優良申告法人の認定を受ける。
1998年〔平成10年〕 ISO9001を取得する。
2000年〔平成12年〕 東京支店を移転し、東京支店テクニカルセンターとしてリニューアル。
2001年〔平成13年〕 セキュリティ機器事業に進出する。台湾工場 毘沙門股份有限公司 オープン。
2002年〔平成14年〕 株式会社スギヤスと杉安工業株式会社を合併。
2003年〔平成15年〕 ISO14001を取得する。
2004年〔平成16年〕 愛知県から県内製造業で独自の技術を持ったトップクラスの企業として「愛知ブランド」に認定。
2010年〔平成22年〕 株式会社ワイヤレス・デザインを子会社として設立する。
2013年〔平成25年〕 福島工場メガソーラー施設完成。
2013年〔平成25年〕 台湾工場 毘沙門股份有限公司 新工場設立。